【10,000冊PJ 25冊目「あ!俺も思いついたことあるのに、、、形にできる人はここが違うのか」青いTシャツを10倍の値段で売る方法!】

 

『儲かる発想』

著者:鳥井シンゴ    発行日:2008/2/20

評価:★★★★☆  

読破冊数:25/100冊

 

■こんな人におすすめ

・お金を稼ぎたい

・儲かる仕組みを知りたい

・ 自分でビジネスをしている

・一枚のメモを1億円にしたい

・歯医者さんの予約キャンセルをしたことがある

・「キャンセルって歯医者(お店)にとって勿体無いな」と思ったことがある

・野球やサッカーなどスポーツ観戦に行ったことがある

 

■この本を読んでこうなった

・アイディア思いついた時に

 「どうせ無理だろう」→「できる方法があるばずだ」

・自分、ビジネスに対してのイメージ

 「ちょっとずつ登っていくものだ」→「一気に成功させることもできる」

・アイディア

  頭の中だけで終了 → 実践してみることが重要

  思いつきっぱなし → 書き出す + できるところまで落とし込む

 

■概要

1枚のメモを1億円にする方法とは?

8倍長持ちする電球を何に使ったら儲かる?

青いだけのTシャツを10倍の値段で売るには?

歯医者さんの予約ドタキャン被害をチャンスに変えるには?

元手ゼロで始められ、やさしくて、あっと驚く儲け方。

イデアビジネスの天才が、あなたの「儲け力」を一挙に高めます。

 

■この本から学んだこと

 

・タイトルにも書いた「青いTシャツを10倍の値段で売る方法」

サッカー日本代表戦、普通の服で来た人に(原価200円の)青Tシャツを2000円で売る、という方法。

 

200円で200枚発注したTシャツを2,000円で2時間で完売させる。

原価4万円で売り上げは40万円、粗利で35万円です。笑

 

発想はシンプルだし、自分も実際に観客側の立場でこのニーズを感じたことがありました。

 

そのニーズを感じた時に、それを形にするところまで落とし込んで、行動するかどうかの違いだなって思いました。

(想像力と行動力)

 

今後ニーズを感じた時に

 

①実際にその思いをメモに残すこと

②そのニーズが発生する場所・シチュエーションを把握しておくこと

③解決策を提供するプランを立ててみること

 

をしてみて、

 

④失敗してもいいから、実際に行動をとってみること

 

をしたら一気に人生が加速する気がしました。

 

気づきを頭の中で終わらせずに、形にするまで落とし込む、そんなことをする場を作ってみてもいいかも!^^
10,000冊PJの仲間とやってみようかな!笑

 

マーケティングとビジネスプランを考える力、そして行動力がつきそうです!